鉄ぶらについて
水野えり
水野えり

自然をこよなく愛する、名古屋きってのアウトドアタレント鉄崎幹人と水野えりがお届けする、新感覚のアウトドア番組。身近な自然や生き物などにスポットをあて、お茶の間の皆さんに彼ならではの切り口でメッセージをお届けします。

【放送日時】
毎週月~金曜日 22:30~
毎週土・日曜日 15:00~、18:00~
※毎月第1・第3火曜日初回放送

●鉄ぶらアーカイブ

【放送日時】
毎週月~金曜日 9:30~

鉄崎 幹人 (てつざき みきひと)

自然をこよなく愛する、名古屋きってのアウトドア派タレント。TV、ラジオ、イベントMCなどの他、自然をテーマにした講演やコンサートで小学校や自治体、企業をまわり、自然観察会のガイドや、アウトドア教室のコーディネーターもおこなう。

水野えり (みずの えり)

出身地: 愛知県
血液型: O型
趣味: リコーダー
出演番組: そらナビ(TBS系)

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 46人
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE

鉄ぶら 番組ブログ「水野えりの鉄ぶら日記」は2010年11月1日をもちまして更新を終了させていただきました。
これまで2年間にわたりご愛読頂きありがとうございました。

2009年07月29日

私は亀を・・・

まさか・・・ってこんなときに口にするんだろうなって思います。
これは夢・・・?とまで。

私は食べました。

ミシシッピーアカミミガメを!

う~ この姿を見てから食べなければならないのは、ものすごく辛い。
でも、この亀を食べる意味があるんだ、と歯を食いしばり・・・

あれっ?意外といけるかも。
もちろん、きちんと料理人の方に調理してもらったから食べられたんですけれど。

すっぽん鍋風に、ミシシッピーアカミミ鍋びっくり

そして、ドキドキの食感は・・・?
脂身のない鶏肉みたい。
かなり筋肉があって淡白な感じ。

私の中でやっぱり複雑な気持ちがあり続けたので、写真は撮れませんでした。

それともう一品、ミシシッピーアカミミ唐揚げも!
こちらは見た目は鶏の唐揚げと同じ!
しかも、美味しいんです。

私は少しだけいただいたんですが、鉄崎さんは美味しい!美味しい!とパクパク食べていました!
鉄崎さんのHPに詳しく写真が載っているので、勇気のある方はぜひ☆


ミドリガメの愛称でみんなに親しまれているミシシッピーアカミミガメですが、自然界では残念ながら親しまれないんです。
大げさに言うと、マーズアタックで宇宙人に日本の川が侵略されちゃった感じかな?
メダカや日本のカメたちの生きる場所や食べ物が奪われちゃうんですもんね。

でも、彼らは来たくて来たわけじゃないんだから悪くないんですよね。
かと言って、そのままにしておくとメダカたちがかわいそうだし・・・

だから、鉄ぶらでは“外来種は食べて減らして成仏”なんです。

平和な自然界が戻りますように四つ葉
  

Posted by 水野えり at 23:37

2009年07月26日

田んぼ再発見!その1

みなさんこんにちは晴れ
久しぶりに、ちゃんと鉄ぶらのロケの写真を更新します。

もう放送は終わってしまったんですけど、田んぼで出会った生きものたちを紹介します!

さて

ここは豊山町のごく普通の田んぼ。
とくに生きものがいそうではないのですが・・・

色素薄っ!!
でも、つぶらな瞳が愛らしいキラキラ2

ホウネンエビ
ホウネンエビが田んぼに出ると、その年は豊作になるということでこの名がつけられたみたいです☆
ちょっと調べてみたら、
“水田に多数発生し、その姿がおもしろいことから、古くからそれなりの注目を受けた
と書いてありました。笑
やっぱり、昔の人もこの不思議な風貌に一目おいたんでしょうね。

えーっ!

カブトエビ
まるで化石みたいだなぁ、と思ったら、本当に生きた化石って呼ばれてるんですね。
すごい!何気なく生きた化石がいるなんて!

そして

ギンブナ
ちょっとびっくりしてるみたい。

それから

ドジョウっこ
ひげがもじゃもじゃしていて、なんだか無口そう。

住宅地にある田んぼにも、こうして昔からの生きものたちがマイペースに生きているんですね四つ葉

みなさんもちょっとのぞいてみてははてな
  

Posted by 水野えり at 16:01

2009年07月23日

通りすがりの鳩

こんばんは
偶然にも鳩つづきです

アスファルトの上でのんびりしている鳩を見つけたので、近寄ってしゃがみこみ、しばらく見つめていたんです
でも、なかなか目を合わせてはもらえませんでした(笑)

それにしても、暑くないんだろうか?

夏のアスファルトは、ビーチサンダルの底が溶けそうになるほど、目玉焼きが焼けそうなほど、熱くなるんですよね。

それでも、相当暑さに強い脚なのでしょうね全くもって平静な表情。

どこか物寂しそうな出で立ちから、そんなに強くはないのかなと思いきや、意外と強靭な肉体をもっているのかもしれません。

ん〜 やっぱり、芝生や土など、自然の中の方が心地いいんじゃないかな、と思いますけどね
  

Posted by 水野えり at 23:04